睡眠薬の正しい使い方

睡眠薬の正しい使い方

睡眠薬を飲むことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、正しい飲み方や注意点を守って飲むことで、良い効果を得られることにつながるでしょう。

まず睡眠薬は医師に処方してもらわなければなりませんが、処方してもらう時に大切なこととして、自分の不眠のタイプに合うものを処方してもらうということが挙げられます。

もしも寝付きが悪い不眠タイプであるのであれば、主に超短時間作用型や、短時間作用型のものを選ぶ必要があるでしょう。

そして熟睡できない、夜間目覚めてしまう、朝早く目が覚めてしまうなどの症状であれば、中間時間作用型や長時間作用型のものを選ぶのが基本となります。

しかしこれらは必ずしも絶対に合っているというものではありません。実際に薬を飲んでみた時に、自分に合うものを選ぶことが大切です。

この時に注意したいこととしては、自分の不眠に対して十分に効果があるのか、よく朝の目覚めはすっきりとしているのか、翌日の昼間に眠気が現れないのか、ふらつきやだるさが残らないかなどをチェックするようにしましょう。

昼間に眠気が残っていたり、だるさやふらつきがある場合には、薬の量を減らしたり、作用時間がもっと短いものにかえる必要も出てくるでしょう。

正しい飲み方については、就寝30分ぐらい前に飲むのが一般的となっています。睡眠薬は入眠の30分前ぐらいに飲むようにしましょう。もちろん薬を飲む時間は、それぞれの不眠のタイプによっても違いがあります。

寝付きが悪いという悩みを持っている人は、30分よりもっと前に飲む方がよいと言えるでしょう。そして大切なことは、薬を飲んで眠気が現れた場合には、できるだけ早く眠るようにすることです。

睡眠と覚醒にはリズムがあるため、たとえ薬を飲んだとしても眠るタイミングを間違えてしまうと、次の眠りの周期まで眠れなくなってしまう可能性も大いにあり得ます。

同じこととして、薬をやめたいと思い薬を飲むのを我慢している場合にも、同じことがいえるでしょう。こうなってしまうと、夜中にあわてて薬を飲んだとしても、なかなか効果が得られない場合もあります。

薬の服用と効果の出現には、わずかながらもタイミングが関係してくることがあるので注意するようにしましょう。そして、睡眠薬を飲んでいるときには、アルコールは絶対避けるようにしましょう。

アルコールとの飲み合わせは非常に注意することの一つです。アルコールは睡眠薬の種類と同じような作用を持っています。

そのため両方を一緒に服用することによって、作用が強すぎて、なかなか目覚めることができなかったり、日中に眠気が現れたりふらつきがひどくなることも考えられます。