危険な睡眠薬とは?

危険な睡眠薬とは?

毎日の生活でよく眠ることが出来ない場合、医師によって睡眠薬を処方されることもあるでしょう。処方される側としては、効き目の強い・弱いといったことは気になり、説明を求める人も少なくありません。

しかし睡眠薬というのは強さだけで選ぶものではなく、その人の症状や体調に合わせて選ぶ必要があります。一般的に効き目が弱いとされている薬でも、合わなければその人にとっては危険であることは変わらないのです。

一般的には、睡眠薬の種類は5つ程度に分類されます。バルビツール酸系・ベンゾジアゼピン系・非ゼンゾジアゼピン系・メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬です。

このなかで、危険とされているのはバルビツール酸系です。1950年代から使用されているもので、最も古い歴史を持っています。もともと、眠りに落ちる力がとても強いとされており、手術の時に麻酔としても使用されてきました。

ただ、それだけ強いということは、危険な副作用も起こす可能性があるということです。重篤な症状としては、この薬を服用して眠っていると、呼吸が浅くなったり、最悪の場合止まってしまうことがあるということがあげられます。

また重い不整脈を起こす可能性も指摘されています。それ以外にも、耐性が強いという特徴もあります。耐性とは、この薬剤を長く・多く使用することで、だんだん薬の効き目が悪くなってしまうことを言います。

その結果、いつもの量では眠ることが出来ず、だんだんと量が多くなったり、依存症になってしまったりすることがあるのです。

このようにバルビツール酸系の睡眠薬は、効き目よりも、耐性・依存性のほうが問題視されており、難治性の不眠以外では、現代ではあまり処方されなくなっています。

このバルビツール酸系の中でも、ベゲタミンと呼ばれる薬は、危険性が最も高いと言われています。ベゲタミンは、薬物依存率が大変高く、過量服用における入院数が常にランクインされているほどです。

加えて、入院の際にICUにはいったものの、治療経過が思わしくなくICUからなかなか出ることが出来ないとも言われているのです。

そしてベゲタミンは、その危険性から日本精神神経学会からも販売中止要請があり、2017年3月には販売流通が終了し、その後1年間は経過措置として使用は認められてきましたが、28年3月をもって経過措置が切れることとなりました。

バルビツール酸系の睡眠薬は、ベゲタミン以外にもいくつかありますが、今後同じように販売終了となっていく可能性は高いと言われています。