最新のデパスの購入方法

最新のデパスの購入方法

デパスとは、1984年に発売された抗不安薬になります。不安を和らげる作用があり心身ともにリラックスすることで、不眠やうつなどを解消することが期待できます。

この薬は抗不安薬の中でも、特に抗不安作用や筋弛緩作用が高く心身ともにリラックスすることができますが、効果が高い分だけ依存などの副作用に注意が必要です。

精神科を始め、内科や整形外科などでも処方されています。効果が強力である一方、高い依存性や副作用を伴ったリスクが問題視されている薬でもあり、厚生労働省はこのような作用から国内で医師の処方箋の元でしか手に入れることができないように対策しているのが現状です。

法改正をされているため購入方法は、病院で処方箋をもらうしかできないと考えられます。個人輸入でも購入することはできないとされています。

ただし、デパス自体は購入すると違法となってしまいますが、代わりとなる薬は購入することができます。デパスの効果としては、不安や緊張を緩和する働きがありますが、それと似たような働きのするジェネリック薬はいろいろと販売されています。

そのため、それらを利用することによって緊張や不安などからくる不眠やうつなどを改善することができるようになります。具体的な代わりになる薬としては、「セディール」は抗不安薬で比較的安全性が高く、副作用も少ないとされています。

即効性はありませんが、体にゆっくり作用する薬のためうつの状態が軽度であればオススメな薬といえます。「ソナタジェネリック」は寝つきを良くする睡眠導入剤です。即効性があり、不安や緊張を緩和してくれると海外では人気の抗不安薬になります。

「バスパージェネリック」は不安や緊張、ストレス、イライラなどのほかめまいも改善するのに役立ちます。有効成分のブスピロンはアドレナリンやドーパミンなどを増強する効果があるため、うつやストレス、プレッシャーに弱い人には特に効果的です。

ジェネリック薬品であれば個人輸入でも、個人での使用に限り輸入規定量を守れば医師に診察、処方箋がなくても法律で認められています。ただし、健康被害などにあった時には医薬品副作用被害救済制度は受けられないため注意が必要です。

どうしても個人輸入で手に入れたいという場合には、業者やメーカーに注文するか、輸入代行業者を利用して購入してもらうなどすることで、通貨や言語のやり取りを全て変わってもらうことができます。

クレジットカードなどで決済することができ、トラブルが起こった時も代行業者に言えば対処してもらうことができます。